保護者懇談会、終業式を終え、一学期の担任業務に一つの区切りがつきました。
クラスの生徒達は喜んで夏休みに入っていきました。

野球部監督の藪木です。

2年前の春先のこと。
校長先生に
「生徒たちを震災ボランティアに参加させたい」
「現地の高校生と野球を一緒にさせたい」という提案をした。
その後、全教員の前で説明し、満場一致の賛成を得ることができた。
それから生徒に発表し、晴れて実現の運びとなった。

今年度も学校、選手、そして保護者の方々のご理解を賜り、
野球部の東北遠征は本日、いよいよ出発です。
出発前に校長先生に熱いメッセージを頂き
夜行バスで14時間の道のりにつきました。

しっかりと人様のためにお役に立って、
現地の高校生とも交流を深め、無事に帰ってきます。

そして、野球を通じて部員全員がココロを磨いてきます。