中学校文化祭が終了し、早3日。
心配されていた台風も文化祭当日には来ることなく、
無事開演することができました。
 
中学校生徒会主担の石伊です。
大和田中学校の文化祭は、大学のメモリアルホールを利用して、
クラス演劇、クラスコーラス、3年学年コーラス、
中学生全員(275名)による全体コーラスを行います。
またホールの外では、階段アートや授業作品が展示されています。
これだけ盛りだくさんの内容なため、準備はなんと1学期の6月から始まります。
 
これだけ早く準備を始めたにもかかわらず、9月に入っても、
各クラスで最後の最後まで一生懸命準備をする様子が見られました。
そしてそれは担任の先生方も同様で、自分たちのクラスの舞台発表を
少しでも良いものにしたいという強い気持ちの表れだと思います。
 
私はこの文化祭の舞台発表こそ、担任の先生も含めた「クラスの絆」を
表しているのだと感じます。そして生徒・教員全員が
「文化祭に参加するのではなく、文化祭を作り上げる」という気持ちを持って、
約3ヶ月間準備をしていたのだと感じました。
これこそ大和田の伝統なのですね。是非、1年生、2年生は
3年生を良い見本にして、次年度以降も更に素晴らしい文化祭を
作り上げて欲しいと思いますし、私もそのバックアップを
精一杯していきたいものです。
 
この文化祭をきっかけにクラスの絆が更に深まり、
残りのクラスでの生活を一層素晴らしい日々にしてほしいと感じます。
生徒のみなさん、素晴らしい文化祭をありがとうございました。
そして、この素晴らしい文化祭のステージを一緒につくってくださった
皆様に御礼申し上げます。