不思議なことですが、高校入試の日とセンター試験の日は毎年寒くなり、いつもこの時期には寒さが心身にこたえます。
しかし、毎年この時期には寒さを吹き飛ばす心温まることもあります。

それは、毎年多くの卒業生が入試業務の補助に来てくれることです。入試当日は様々な業務があり、教員の手だけはとても足りません。そこで、卒業生に声をかけ事前にガイダンスをして入試業務をお手伝いしてもらっています。

つい先日も、ガイダンス当日に来ることができなかった卒業生が、夜8時頃にわざわざ学校まで説明を聞きに来てくれました。本当に感謝の気持ちで一杯です!

入試当日はスーツに身を包み、在校生のときとは打って変わった逞しい姿(在校生のときも逞しいですよ)を見ることが出来、嬉しい限りです。今回も無事に入試を終えることが出来ました。
みなさん、ありがとう!!