今日はもっぱらカメラマンに徹した1日、募集広報主任のミナトです。

PTA対象の「ココロの学校講演会」、PTA総会に引き続いて各学年に分かれての催し。高3学年は、進路指導主任の話の後に、今春卒業の大学1年生4人に、勉強での苦労や大和田中高での思い出、受験までを見守ってくれた保護者の方への思いを語ってもらいました。
ちょうど1年前の経験談に、現役の高校3年生も「今年は自分たちの番だ」という自覚とともに卒業生の話に聞き入っていたようです。

終了後も先輩たちに直接話を聞きたい生徒達と現役生が座談会のように言葉を交わしている姿が印象的でした。
忙しい中、今回の試みを快く引き受けてくれた卒業生のみなさん、ありがとうございました。