今日も全員出席の午前6時からの朝練が行われました。先輩方と成し遂げた夏の結果を上回るために、選手達は決して遠征先でも野球の練習に手を抜きません。

朝練後、南三陸町の隣町、登米市の登米高校と練習試合を行いました。昨年、宮城県大会ベスト8の強豪校。選手達は合宿の疲れを見せず、一勝一敗の互角の試合を演じてくれました。
試合後、積極的に登米高校の選手に話かけ、何かを得ようとする大和田の選手達がすごく印象的でした。来年3月に登米高校は大阪に遠征をされる予定で、約半年後の再会を両校の選手はすごく楽しみにしていました。

今から約14時間のバス旅がスタートです。
東北遠征の学びを振り返る時間になることでしょう。