3月11日(日)、学年末考査明け早々、北河内リーグ順位決定戦、守口東高等学校との試合を、大阪国際学園松下町グランドで行いました。
考査期間のため2週間近く活動を休んでいたこともあり、試合の序盤は動きも悪く、相手チームに押し込まれるシーンが多かったです。その後、慣れてくると自分たちでボールをつなぐことができるようになり、私たちのペースになってきました。
前半32分、トップの松永(1年)から左サイドの村井にパスが出た後、右足で冷静にゴールを決め、先制しました。
1点リードで後半に入ると、相手チームは、更にペースを上げて攻めて来ました。個人技や2~3人での小さなパスを交換しながら、味方ゴールに迫られましたが、なんとか、チームで守ってしのぎました。すると、コーナーキックのチャンスから、奥(2年)がヘディングシュートをすると、ボールは相手選手に当たって、ゴールに転がり、2点リードとなりました。その後、一進一退の攻防が続きましたが、相手をなんとか0点に押さえ、2対0と勝利を掴むことができました。
この結果、市岡高校、守口東高校を上回り、上位リーグとの入れ替え戦に出場することが決定しました。入れ替え戦は、3月22日(木)松下町グランド、午前9時30分キックオフ、相手は、寝屋川高校と決まりました。折角の大きなチャンスを全員一丸となってつかめるよう全力を尽くしたいと思います。