年度末恒例のPC設定などに勤しんでいる募集広報主任のミナトです。

昨日、最初の湊クラスの卒業生が約10年ぶりに来校。このクラスは、8時間目まで授業があったり、彼らの体育の授業に参加したりしていたので(まだ若かったんですね)一緒に過ごす時間も長く、私にとっては特に印象深い生徒たちです。彼は医者になることを目標に、勉強に学校行事に人一倍ひたむきに努力を重ねる生徒でした。

「歯科医師国家試験に合格しました!長い間ご心配をおかけしました。」
そう言った彼の表情はとても晴れやかで、その瞳はこれから飛び込んでいく世界に対する使命感に満ち溢れていました。勉強がよくできるとはお世辞にも言えなかった彼ですが、夢に対する思いを持ち続けること、努力が報われるということを後輩達に教えてくれたんじゃないかと思います。

「一区切りはつきましたが、これからは海外にも出て行ってさらに勉強をして、経験を積んで一人前になります!」
高らかに宣言した口腔外科医の卵は、これまでお世話になった方へ合格の報告をしているようで、こんなに多くの人が自分を支えてくれていたのかと、改めて気づかされたと言っていました。その方々の期待に応えるべく、これからも努力を重ねていってくれるものと信じています。
ありがとう!また、会いましょう!