【サッカー部便り】
サッカー部顧問 辻 潔です。
 
4月21日(土)、堺市立ナショナルトレーニングセンター(J-Green堺)において、大阪春季サッカー大会の3回戦が行われました。対戦相手は、大阪教育センター附属高等学校、大阪府リーグの3部に所属するチームです。
 
奥(3年)、坂本(3年)を中心に守備を重視した布陣で、右サイドの引間(3年)から攻撃するという方針でした。しかし、相手のチームの出足、当たりが強く、なかなかボールを持つことができずに、相手ペースで試合が進みました。
 
教育センター附属は、トップの10番を中心に、コーナーキックやスローインでゴール前にボールを運び、得点チャンスを作りました。ゴール前の競り合いになんとか勝っていたため、決定的なシーンは作られず、失点なく前半を終了しました。
 
後半早々に、松永(2年)が入り、攻撃の比重を高めました。お互いに攻め合う展開になりましたが、大切なところでミスがあり、チャンスを生かすことができませんでした。その結果、0-0で70分の試合が終了しました。
 
延長戦はなく、そのままPK戦。本校は一人が外し、相手チームのシュートが決まれば負けという状況でしたが、GKの幸前(3年)が相手のシュートを止めて、6人目の勝負となりました。幸前は、続く相手の6人目の選手のシュートも防ぎ、5-4で勝利となりました。
 
苦戦を辛くも凌いで、3回戦を突破することができました。4回戦は、帝塚山泉が丘高校と対戦します。全力でぶつかりたいと思います。最後になりましたが、遠いところまでわざわざ応援に来ていただいた皆様、本当にありがとうございました。