中学バレーボール部部長の木村です。ゴールデンウィークは恒例の校内合宿と卒業生が多数出場している黒鷲旗の応援でした。

校内合宿の初日は教室に敷く畳運びと布団運びからスタートです。力仕事はお父さん方と1年生が頑張ってくれました。最初は意気込んでいたお父さんたちも3階まで畳を上げる作業にアップアップ。畳運びのエースT選手のお父さんが不在だったため今年の畳運びは大変でした。

途中バテたお父さんに代わりお母さん方が活躍。さすが女性強しです。お母さん方は約100名の食事作り。お父さん方は食器洗いに大奮闘。3年生の保護者の代表が取り仕切り、保護者を動かしテキパキと進む作業に頼もしさを感じます。ぜひ選手も見習ってほしいものです。 

練習試合の合間に卒業生が多数在籍している岡山シーガルズが黒鷲旗に出場しているため大阪市中央体育館まで応援に。ここでもお父さん方が車を運転して下さり大活躍。先日優勝した近畿大会も同じ大阪市中央体育館で行われましたが、まったく違う景色。

岡山シーガルズは予選リーグを勝ち抜き、準々決勝のトヨタ車体戦では2セット先取されてからの大逆転で準決勝に進出。準決勝のJT戦は2セットを先取しながらセットカウント2-2となり最終セットへ。5セット目は大接戦となりましたが21-23で破れ惜しくも第3位。決勝に進出したJTが3-0で勝ち優勝したため、本当に悔しい敗戦でした。しかし、中学生にとってはとても素晴らしい試合を見ることができ、学ぶべきものが多く、自分達も頑張らねばという思いに一層なれたことと思います。

試合が終わった翌日に岡山シーガルズの宮下遥選手はじめたくさんの卒業生が学校に顔を出してくれました。卒業生の頑張っている姿と言葉に刺激を受けて私たちスタッフも選手もこれからも頑張らねばという強い思いを持つことができました。

今回のゴールデンウィークはチームの絆を深める素晴らしい時間になりました。本当に皆様の大きな支えに感謝するとともにその思いを力に変えていきたいと思います。夏には全国大会で頂点に立ち、皆様に恩返しできるように頑張って参ります。これからも変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願い致します。