1-G担任、立岡佐織です。

9月7日(金)コーラス大会が行われました。私が担任を務めている1年G組は最優秀賞を受賞いたしました。夏休み中から計画的に、パートごとに集まりながら練習を始めました。参加クラスの中では、最少人数の1年G組は、各パートの人数が少ないにも関わらず、混声四部合唱「言葉にすれば」に挑戦しました(選曲した時には大丈夫なのかと心配もしました)。

音楽については、見守ることしかできない私でしたが、生徒たちは自らよく考え、工夫して音楽を創り上げていきました。前日リハーサルを終えて「良かったよ」と声をかけても、本人たちは納得がいかず、その後も、翌朝も練習をして最終調整を行いました。

本番の演奏はクラス全員がそろい、同じ方向を向いて歌っている姿を見ているだけでも、胸がいっぱいなのに、その歌は美しいハーモニーで歌い上げられ、温かい気持ちで満たされました。「G組の子たち、素敵な演奏をありがとう!」
(最後にコーラス委員のコメントと結果の一覧を掲載します。)
 
《 1-G コーラス委員 有賀正樹 》
 まずは、この最優秀賞を獲ることができたのはクラスの皆が毎朝練習に来てくれて、大変な練習をこなした努力の結晶だと思います。練習中はなかなか上手くいかない場面もあって苦労したけど、最終的にこのような形で結果を残せて本当に嬉しく思います。
 
《 結果の一覧は以下の通り 》
最優秀賞   1-G 「言葉にすれば」
優秀賞    2-I  「青春譜」
優良賞    2-H 「結~ゆい~」
審査員特別賞 2-F 「言葉にすれば」
優秀指揮者賞 2-E   堀 直樹
優秀伴奏者賞 2-I  樋口友紀

写真アルバム(パスワード有)
http://www.owada-h.oiu.ed.jp/target/pta/news/index.php?c=topics2_view&pk=1536403068