8月後半から、大阪府高校総合体育大会(高校選手権予選)が始まります。夏休みの間は、リーグ戦で、試合を重ねてきましたが、今度は一発勝負のトーナメント戦を戦うことになります。

 8月26日(日)には、大阪国際学園松下町グランドで、四條畷高等学校と練習試合を行いました。相手は、3年生が主力のチームなので、実力差は否めません。勝負というよりは、次の週の公式戦への準備という位置づけの試合でした。
 なかなか思うようなサッカーができず、なんとか、佐竹(1年)がPKで、村井(2年)がカウンター攻撃で得点を奪ったものの、結果は2-3の敗戦でした。数字を見ると、接戦のようですが、試合内容は、相手に攻め込まれる時間帯がほとんどで、反省点の多いものでした。

 今後も毎週試合がある状況なので、今回の反省を次の試合に生かせるようにしないといけないと思います。