9/7、コーラス大会を聴きに行きました。
毎年グローバル祭前日の金曜日に行われるので、働いている保護者は来られない方も多いでしょう。私も「娘の学校行事なんです。7日は絶対休ませてください!」と結構無理から休みを取りました。
 
夏休みに集まって練習し、2学期が始まってからは朝や放課後にも頑張って合わせてきた生徒たち。台風の影響で予定していた練習ができなく、練習時間が削られてしまったにも関わらず、どのクラスもたいへん立派な発表だったと思います。
審査員の先生方も校長先生も、順位をつけ難いと仰っていましたね。本当にその通りだと思います。

どの親もやはり自分の子のクラスを応援すると思いますが、他のクラスの演奏も素晴らしく、演奏が終わるたびに「あぁ、今のクラスも良かったな。」と感想が上書きされていきました。

プログラムには「伴奏者」とありますが、混声五部に聞こえるくらい、ピアノが一緒に歌っているように感じられる演奏もありました。もちろん歌を引き立たせるための伴奏でいなければならない時もありますが。

Nコン課題曲はじめ、候補曲が学生が歌うのにふさわしい曲ばかりなので、そういう曲を歌える生徒たちが羨ましかったです。自分の学生の頃に在ったら良かったのにと思える歌ばかりです。

審査員の先生方の歌やピアノは、当たり前ですがすごく素敵で聞き惚れてしまいますし、特別ゲストの演奏はノリノリでイケてました。

審査結果発表の時間はドキドキですよね。生徒たちも先生方も、後ろの保護者席も心臓の音が聞こえそうな静けさの中、田阪先生からの発表です。

結果に嬉しかったクラスもちょっと悔しかったクラスも、一生懸命やったことに悔いはないと思います。
あぁ、DVDが楽しみです♪
 
私が年間行事の中で一番楽しみにしているのが、コーラス大会です。と言うのも、私自身、小学生の時に児童合唱をしており、今は娘の母校である小学校のPTAコーラス部に所属しているからです。元々合唱が大好きなので、娘が卒業してからも毎年聴きに来たいくらいです。

今年も感動をありがとうございました。