高校1年、進路指導部の荻山です。
11月16日(金)に高校1年生の特進、スーパー特進コースの生徒が京都大学の見学に行きました。

京都大学総合博物館での学習、自由散策の後、京都大学の高大連携事業「学びコーディネーターによるオープン授業」として「生き物の世界をのぞく『生物行動学』のハナシ」を受講しました。

このオープン授業では京都大学で研究をされている方のお話を聞けるということで、個人的にもとても楽しみにしていましたが、実際に受講してみると…やっぱり楽しい!

その方ご自身が研究を楽しんでいるということが良くわかり、生徒達は生物行動学に限らない、学びの楽しさを知ることができたのではないでしょうか。
 
広大なキャンパスを歩き回り、へとへとになった様子ですが、学年後半、学びを深めていくこの時期に相応しい行事でした。