大和田駅から学校までの通学路に、堤根神社があります。

 電車通学の皆さんにはあまり馴染みがないかも知れませんが、この神社は、古墳時代以来1600年ほどの歴史がある門真市で一番古い神社です。日本で最初の堤防といわれる茨田堤(まんだのつつみ)の鎮守として彦八井耳命(ひこやいみみのみこと)が祀られたことが始まりだと伝えられています。『延喜式神名帳』に記載された門真に一つしかない式内社で、延喜式が成立した頃(10世紀の初め)に朝廷から官社とされていた神社です。ご祭神は、彦八井耳命(神武天皇の皇子)の他に、江戸時代に学問の神様、菅原道真が合祀されたそうです。

 一度立ち寄ってみるのもいいかも知れませんね。