高3学年主任 藏口 勇雄
 
 生徒指導主任の話にもありましたが、当たり前のように毎日制服を着て登校し、当たり前のように8時30分から朝学を受け、毎日課題を提出し、授業を受けてきました。春、夏、冬の長期休暇前には終業式、休み明けには始業式も当たり前のように参加してきました。しかし、高3生がこの体育館で式に参加することはもうありません。時間は過ぎていくものです。生徒の皆さんも教員もこの過ごしてきた三年間の「当たり前に感謝」したいものです。

 さあ、高3生の皆さん、次のステージはまもなくです。君たちは、この3年間しっかりと充電してきたはずです。勇気と自信を持って目の前の目標に向かっていって下さい。「輝く未来」が待っているはずです。