4月14日(日) 大阪高校春季サッカー大会2回戦 (於高槻北高等学校)
国際大和田● 0-2 ○東淀川

 
4月になり、学年が一つ上がって最初の大会は、春季サッカー大会です。インターハイの出場権をかけたトーナメントの大会であり、本校では、負けると3年生がクラブ活動を、いわゆる「引退」する大会でもあります。


「負ければ終わり」というトーナメント戦独特の緊張感がある雰囲気の中、試合がキックオフされました。東淀川は、チームがまとまって狙いを持ったサッカーをする実力校で、試合開始当初からプレスをかけてきました。本校はなんとかパスをつなごうとしましたが、相手に寄せられ、縦のスペースに蹴らざるを得ず、そのボールを相手に拾われて攻められました。


何度か、センターバックの野村(3年)、渡邉(3年)がカットしたボールを、松永(3年)につなぎ、野口(3年)へパスを送ってシュートチャンスを作りましたが、ゴールを奪えず、0-0で前半を終えました。


後半は、グランド状態が良い方の陣地でプレーできるため、パスをつないで攻めようとしましたが、相手は更に前に人数を多く割いて、プレッシャーをかけてきました。徐々に相手にボールを持たれる時間が長くなり、高野(3年)、井沼(2年)のボランチを中心に粘り強い守りで対応していましたが、後半20分にとうとう失点してしまいました。


その後、同点を狙って攻めに行きましたが、反対に相手に隙をつかれて追加点を奪われました。選手交代をしたものの、最後までゴールを奪うことができず、試合終了のホイッスルを聞くことになりました。


非常に悔しい結果ですが、これで3年生は、サッカー部の活動を「引退」することになります。2年間、3年生は本当によく頑張ってサッカー部を盛り上げてくれました。国際大和田サッカー部が北河内地区で認められてきたのも、3年生のお陰です。心から感謝します。本当にありがとう。3年生のみんなが、次の目標に向かって全力で取り組み、目標を達成してくれることを願っています。