本日、高校の生徒会役員選挙が行われました。「生徒会活動を活発化させ、生徒の意見を聞き、反映させ、学校をより良いものにしたい」という思いを立候補者は生徒へ訴えかけ、中には公約を掲げる立候補者もいました。学校を自分たちでより良いものに変えていきたいという思いを持った生徒が多数いることに教員として喜びを感じます。

思い返せば現生徒会役員は先生との話し合いを通して学校の規則をより良いものに改定してきました。この現役員の姿が今回の選挙を盛り上げたといっても過言ではありません。このように、今までの生徒会役員の熱い思いをつないでいくことで生徒主体のより良い学校が作られていきます。次の生徒会役員のみなさんにも熱い思いを持って活動して欲しいと思います。私たち教員も生徒がのびのびと活動できるように、活動を支援していきます。