9月16日(月)  於:大阪国際学園松下町グランド
【練習試合】
 国際大和田 ○ 3-1 ● 大阪市立東
  得点者:上田、山田佑、井沼 
 
9月16日(月)に、大阪市立東高校と練習試合を行いました。先週末は、コーラス大会と文化祭があったため、クラスを中心に準備に忙しく、なかなか練習に気持ちが向かわないようでした。そのため、文化祭終了後、気持ちを新たにして、10月に始まる北河内リーグでよい成績を得られるように、練習に取組む姿勢から見直しました。この試合では、その気持ちを出すことが大きな目的でした。


前半の立ち上がりは、相手の勢いに押されたのか、チームとしてまとまりを欠き、なかなかパスがつながりませんでした。ミスも多く、せっかくの自分たちのボールを簡単に相手に奪われることが目立ちました。すると、右サイドからDFの裏にパスを通されて、先制点を奪われました。


これまでは、失点をすると、落ち着きを失い、自分たちのプレーができなくなっていました。しかし、この日は、声を掛け合い、チームとしてまとまりを取り戻すきっかけにしていました。しっかりボールをつなぎ、相手陣内に攻め入ることが増え、自分たちのペースを取り戻していきました。


後半は、足元でボールをつなぐところを狙われていたので、相手のDFの裏のスペースを使うプレーを入れるようにしました。そうすると、何度かGKと1対1になるチャンスが生まれましたが、得点を奪うことができませんでした。後半途中で、FWの川上(2年)に代えて、山田佑(1年)を投入し、さらに攻撃に比重を置きました。相手が戸惑い、マークが仕切れないところで、上田(1年)、山田佑(1年)、井沼(2年)が続けてゴールを決め、逆転勝利を収めました。


気持ちを新たにしたことが、結果として表れたことで、自信を得られた試合だったと思います。来週には、U-18大阪リーグ戦の残り試合があります。自信を持って臨みたいと思います。