9月23日(月)  於:大阪国際学園松下町グランド
 高円宮杯U-18JFA大阪サッカーリーグ
  第4部北河内・大阪市ブロックBグループ
   国際大和田 △ 1-1 △ 寝屋川
    得点者:川上(2年) 
 
9月23日、秋分の日に、大阪国際学園松下町グランドで、U-18大阪サッカーリーグの最終戦を戦いました。相手は、寝屋川高校でした。寝屋川高校とは、これまで何度か対戦していますが、惜しい試合をしながら勝ちきれないゲームが続いています。今度こそはぜひ勝利を、という思いで試合に臨みました。


当日は台風の影響があり、非常に風の強いグランド状況でした。時折吹く突風のため、ボールが思わぬ方向に曲がることもありました。前半は、風上の陣地からボールを保持して、相手ゴールに迫りました。特に、本校の左サイドから、岡(1年)、佐竹(2年)、川上(2年)、井沼(2年)、梅原(2年)の5人が、短いパスをダイレクトでつないで相手守備陣を崩しました。しかし、シュートチャンスを生かすことができず、得点を奪えませんでした。


すると、相手のカウンターから攻撃を受け、ロングボールが風で押し戻されました。ボールが、GK占野(3年)と味方DFの間に落ちたところ相手に奪われ、シュートを打たれてしまい、失点しました。その後、風上から攻めましたが、焦りからミスが出て、チャンスを生かせないままでした。


後半は同じメンバーで、立ち上がりからボールを握って、細かいパスをつないで攻めました。後半10分になるところ、右サイドのコーナーキックから、吉村(2年)が蹴ったボールを川上(2年)がゴール中央で合せて、同点に追いつきました。


その後、更に攻めようとしましたが、接点で相手に上回られて、ボールを取れませんでした。反対に、奪ったボールを相手は、風上の利点を生かして、ロングボールを逆サイドに送ってきました。守る時間が多く、苦しい展開でした。CB當眞を中心になんとか凌ぎ、同点のまま時間が過ぎました。


終了間際、途中から出場した山田祐(1年)がドリブルで突破し、DFを振り切って相手GKと1対1になりましたが、シュートがポスト右に外れ、逆転ゴールを奪えませんでした。残念ながら1対1の引分で試合が終了しました。


この結果、2勝2分5敗、勝ち点8、10チーム中、7位で全日程を終了しました。苦しい試合が多かったですが、その分成長も見られた2ヶ月でした。中間考査後には、北河内リーグが始まります。新たな目標に向けて頑張っていきたいと思います。