企画主任、塩谷です。

みなさん、おカネに興味はありますか?

生徒の皆さんにとってお金は、お小遣いとしてもらったり好きなものを買ったりするため身近な存在だと思います。でもそのお金をどう稼ぐのか、どう増やすのか、そのために大人たちは日々どんなことをしているか…知っているでしょうか。

例えば最近だとニュースや新聞で、コロナショックで景気が悪くなったとか日経平均が下がったとかちらほら流れていますが、一体誰の?何が?悪くなったり下がったりしているのでしょうか。世の中の経済がどんな仕組みで成り立っていて、その世界で何が起きているのか…なんて考えてみたことはありますか?

そこでオススメの一冊が「おカネの教室~僕らがおかしなクラブで学んだ秘密」という本です。これは現役の経済記者である高井浩章さんが、元々ご自分の娘さんのために書いた本で、様々な経済の仕組みが青春小説の形で楽しく読める本です。

中学生の甘酸っぱい青春小説を読み進めるうちに、気づけば経済の知識も分かってくる…という、一粒で二度おいしい本。amazonの売れ筋ランキング経済学入門部門で1位をとったこともあるこの本が、3月末まで無料で全文公開されています。この休校期間中にぜひ読んでみてください!

ちなみに、この本の著者である高井さんに、5~6月にココロの学校で講演をしていただく予定です。(無料公開の情報もご本人から教えていただきました!)

…授業では教えてくれない知識、知りたくないですか?


【3月末まで無料公開中!】
「おカネの教室」僕らがおかしなクラブで学んだ秘密
http://impress.tameshiyo.me/9784295003389?fbclid=IwAR0vasw5nboYgnqn9NllIruueOG_i3folI_yRO6Piq_5wMNZboHqLwzjkDQ