12月17日(日)、大阪府立茨田高等学校にて、北河内サッカーリーグ第7節、茨田高校と試合を行いました。Bグループの上位進出のためには、絶対に勝って、勝点3が必要なゲームでした。

前半からボールを保持して、押し気味に試合を進めましたが、小さなミスからボールを奪われ、攻められることがあり、一進一退のゲーム展開。前半の25分、ようやくMFの伊藤がドリブルで持ち込み先制点を上げ、リードを奪いました。
後半は、選手を5名入れ替え、積極的に前からボールを奪って、得点を狙うようにしました。松永、村井、引間が合計5得点を奪い、最終的に6-0で勝利しました。

この結果、4勝3分0敗(勝点15)となり、グループの上位2チームが進めるプレイオフも視野に入ってきました。24日(日)に、最終戦の北かわち皐ヶ丘戦があります。悔いのない戦いができるように、明日からの練習に励みたいと思います。