6月3日(日) 体育祭の次の日に男子ソフトテニス部が近畿大会出場をかけて、春季団体戦大阪大会に臨みました。

順調に大阪ベスト16に入り、ベスト8かけの試合で、全国大会常連校の上宮高校と対戦しました。さすがに上宮は強く、3-0で負けましたが、3年生の秋岡・瀬野ペアは途中まで互角の試合を行い、十分に上宮を苦しめました。

その時点では、まだ9位から16位までの中の4校が近畿大会に出場の望みがあり、最後の試合に臨みました。相手は香里丘高校、1ペア目は負けてしまいましたが、残り2ペアが同時に試合をし、一進一退のゲームを繰り返しました。最後はファイナルゲームで大接戦の末負けてしまいました。

出場できなかった1・2年生と女子も必死で応援してくれましたが悔しい結果となりました。この悔しさをばねに、次へつなげてほしいと思います。

3年生の皆さん、お疲れさまでした。残念な結果となりましたが、クラブ活動で得たいろいろな体験や教訓が、今後の受験及びその先の人生にいい影響を与えてくれると信じています。

写真アルバム(パスワード有)
http://www.owada-h.oiu.ed.jp/target/pta/news/index.php?c=topics2_view&pk=1528248969