高3主任、鈴木です。
まずは、卒業生のみなさんへ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは!高3主任の鈴木です。
先月29日、高校3年生は卒業しましたが、今回の卒業式は新型コロナウイルスの感染防止から、保護者の皆様や在校生なしで時間制約のある式典となりました。入学式をおこなったメモリアルホールで、3年間で大きく成長した姿を保護者の皆様に見ていただくことができず、本当に残念な思いです。

ただ簡素化された卒業式ではありましたが、厳粛な雰囲気の中で、卒業生皆が人生の節目にふさわしい行動、その場にふさわしい振る舞いをとった立派な式典となりました。

特に「答辞」では、3年間の思いを心を込めて読んでくれたその言葉に、とても感動し涙を抑えることができませんでした。

さまざまな事があった3年間でしたが、その時々に少しずつでも成長してくれたと確信しています。これからは別々の道を歩まれますが、さまざまな場面で活躍されることを期待しています。
 


在校生のみなさんへ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今月2日から休校となり、学年末考査もなくなり、自宅で学習する日々がしばらく続きますね。宿題などの指示もいずれ出ると思いますが、今まで積み上げてきた「自分で学習する習慣」をしっかり身につけていくチャンスでもあります。卒業した高3生もそうでしたが、そういう習慣をつけ、少しでも早くから本気になった生徒ほど、志望する大学に合格していました。

春休みが終われば、進級してひとつ上の学年になります。勉強やクラブ活動などそれぞれが活躍できる場所はいくつもあります。卒業生が贈ってくれたデジタルサイネージ(電子案内板)や製氷機は、後輩の君たちの学校生活に役立ててください。後輩たちのさまざまな場面での活躍を先輩たちも応援していると思います。

先生方もしっかりサポートしていきます。頑張っていきましょう。