中学バレー部部長の木村です。
本校(中学校)の卒業生である岡山シーガルズの吉田みなみ選手が2019/20シーズンをもって引退することになりました。

吉田みなみさんは2001年に入学(本校バレー部が強化を開始した1期生)し、在学中はキャプテンを務め、現在の大和田バレー部の基礎(土台)を作ってくれました。
強いリーダーシップを発揮し、スパイク、レシーブ、トスと全てのプレーをマルチにこなす素晴らしい選手でした。
当時、吉田みなみさんをはじめ7名の新入生を迎え、日本一へのチャレンジが始まりました。すでに在籍していた2・3年生とともに挑んだ4月の北河内春季大会。フルセットの厳しい試合を勝ちきり、見事初優勝を果たしました。それから今もなお57大会連続57回の優勝という結果を後輩たちがバトンを繋いでいます。そして3年で全国大会(北海道釧路)に出場するという目標も見事達成しました。この3年間の土台作りが2年後(2003年の全国大会準優勝)の結果に繋がりました。また、JOCジュニアオリンピックカップ大阪北選抜代表として出場し、見事全国大会準優勝に輝きました。

また滝井高校に進学後もインターハイ準優勝をはじめ輝かしい戦績を残し、2007年に岡山シーガルズに入団しました。身長は166cmながらもマルチなプレーを発揮し、2010年にはアジア競技大会の日本代表にも選出されました。2013/14シーズンではVリーグ準優勝、そして今季の2019/20ではキャプテンとして2度目のVリーグ準優勝となりました。またVリーグ通算230試合出場を果たし、Vリーグ栄誉賞を受賞しました。

本来ならば5月で行われる黒鷲旗で引退をする予定でしたが、今年度は新型コロナウイルスの影響で大会が中止となり、残念ながら最後の大会を戦わずして引退となりました。

先輩たちが築いてくれた歴史の上に今の自分たちがあるということを念頭におき日々全力で頑張ることが最大の感謝だと思います。
今は新型コロナウイルス感染のため練習はできませんが、練習を再開された日には、再び日本一になり先輩たちの功績に応えることができるように頑張っていきたいと思います。

岡山シーガルズ公式サイト 吉田みなみ選手引退メッセージ
http://okayama.v-seagulls.co.jp/topic/?p=6279

写真:バレーボールマガジン2003年3月号(オフィス美輪)より引用