企画部佐々木です。12月19日、高校1・2年生を対象にココロの学校講演会を実施しました。今回は京都大学総合博物館准教授の塩瀬隆之氏を講師にお迎えして、進路に絡めたお話をしていただきました。実は今回の講演は、今までにない方法で進められました。さて、その方法とは…?
 
まず、塩瀬さんが発問されます。その発問に対して、生徒スマホを使って回答します。各々の回答がリアルタイムで舞台上の大スクリーンに映し出されます。他の人の反応を見つつ、自分の考えを書き込んでいきます。
 
続々と書き込まれて増えていく「回答」。講演に「参加」していると肌で感じることができたのではないかと思います。
 
講演の中では、挑戦する前からどうせできないと諦めてしまっていないか、好きなことをつきつめていく大切さ、(良い意味で)人に流されないことの大切さなどをお話いただきました。今後の自分の人生を考える上でのヒントになった講演会であったと思います。