企画部より

本日、高校 3 年生進路既決者対象に「ココロの学校」が行われました。高校生活最後のココロの学校の講師としてお招きしたのは、マジシャンやシェアハウス、ホテル事業など多方面で活躍されている伊藤大輔氏です。伊藤さん自身も、コロナ渦でお忙しい中、時間の合間を縫って、例年通り学校に出向いていただきました。
 
幼少期からの生い立ちや高校卒業後の活動、そして現在の活動をエピソードも交えながらお話していただき、そのなかで初めて人前で披露したマジックなどを実際に見せていただきました。

また自分の好きなことを武器にし、人のために奉仕できる仕事を選択することの大切さを伝えていただきました。
 
講演の最後に、既に高校卒業後の進路が確定している生徒に対して、伊藤さんは「枠にとらわれず、飛び込んでみて、点と点をつないでいくこと」というお言葉を送ってくださいました。生徒の皆さんには、今まで培ってきた力を武器に、様々な世界で羽ばたける魅力ある人になってほしいと思います。