数学科、小倉敏和です。努力は必ず実を結ぶ!!それをとっても強く感じる2日間でした。

3月24日、25日の2日間、大和田中学校の新入生を対象に、算数チャレンジを行いました。

計算問題を中心に、基礎的な問題から、少し発展的な、工夫する計算問題まで取り組みました。

「算数は少し不得意だなぁ…」と思っている人にとっては、工夫する計算問題は苦手な分野の一つではないかと思われます。

算数チャレンジに参加した新入生の人の中にも、昨日の段階では、工夫する計算問題を見て、「この問題、難しいなぁ~」という顔をしている人が何人かいましたが、2日目の今日はスラスラと問題を解いていっていました。

その様子を見て、「頑張れば、頑張った分だけ成果が表れるのだなぁ~」と、感心しました。そして「このまま新入生の皆さんにとって、数学が得意科目の一つになるように、4月から頑張らなければ!!」と、私の気合いも入りました。

中学校からは「算数」が「数学」となり、より学問としての濃度の濃い授業となっていきます。新入生の皆さんが4月から楽しく学校生活を送り、その学校生活の中でも最も重要な時間である授業が、良いものになるように、私が努力していかなければ!!そしてその努力が、新入生の皆さんの中学校生活を充実させることにつながれば!!と、願っています。

2日間参加してくれた皆さんに、新学期またお会いできることを楽しみにしています。