サッカー部顧問:辻  潔

3月28日(日) 高円宮杯U-18サッカーリーグ大阪4部
北河内・大阪市ブロックCグループ 第2節
国際大和田 3-2 西寝屋川
 得点者:黒田(2年)2点、岡(2年)
 
 3月20日(土)に、いよいよ2021年度の公式戦が開幕しました。本校の初戦は北かわち皐が丘と対戦し、3-0で勝利しました。立ち上がりは緊張からか硬い雰囲気で、いつもプレーができませんでしたが、なんとか3点を奪って勝ち点3を得ました。

 3月28日の2戦目は、西寝屋川高校との対戦です。今回はリラックスしたムードで、試合開始早々からベースをつかみ、押し気味に試合を進めました。相手陣内で試合を進め、シュートチャンスも多かったです。ところが、前半15分ごろに攻め込まれたところ、ペナルティーエリアのすぐ外側で反則を犯し、相手にフリーキックを与えました。直接ゴールに叩き込まれ、手痛い失点を喫しました。

 しかし、失点に気落ちすることなく、改めて攻めに転じました。シュートチャンスまでは作りますが、どうしてもゴールを割れず、コーナーキックが多くなりました。前半28分、左コーナーキックからのボールを黒田(2年)が頭であわせ、同点ゴール。そのまま前半を修了しました。

 後半も、交代で入った山田(2年)を中心に、前半のいい流れのまま攻め続けます。後半10分、相手のクリアボールを中盤で拾い、右へ展開すると、上田(2年)が右サイドをゴールラインまで突破し、センタリング。逆サイドで待っていた黒田(2年)がゴールに押し込み、逆転しました。

 その後も、追加点を狙って勢い込んで攻めていました。ところが、後半15分に一瞬のスキを突かれました。カウンターを受け、相手選手一人にドリブルで持ち込まれ、味方ディフェンスがひきつけられたところ、右サイドを攻めあがってきた選手にパスが渡りました。GK原(2年)と1対1になり、再び同点となるゴールを決められました。

 その後は、両チームとも3点目を狙って一進一退の試合展開になりました。なかなかボールが収まらないなか、後半28分、相手ディフェンスの裏を抜けた岡(2年)にボールが渡り、GKを抜きにかかったところファールを受け、PKになりました。岡が蹴ったボールは一度相手GKに止められましたが、再び岡がボールを拾い、冷静にゴールに流し込みました。

 ようやく奪った勝ち越し点をチーム全員で守り切り、3-2で勝利しました。次戦は、交野高等学校と対戦します。いい結果がえられるように全力を尽くします。