中1林間学舎の様子です。期間中、即日更新の予定です。
------------------------
7月17日(土)

林間最終日は有田郡広川町にある「稲むらの火の館」を訪れました。1854年に発生した安政南海地震の時に、当地で活躍した濱口梧陵や防災について、語り部ガイドさんのお話や施設内の展示や映像を通して学びました。海辺に住んだり訪れたりした時に、地震に遭遇する可能性に備えて、「津波てんでんこ」や語り部さんからお聞きしたお話を活かすことができるように、家族の皆さんともよく話し合って、自然災害に備えておいて欲しいです。

-----------------------

7月16日(金)

2日目の本日は午前中は「リバーカヌー、一本釣り、ジオトレッキング、川釣り」の各自が事前に選択したアクティビティを行いました。
道中は雨が激しかったものの、バスを降りると、雨が止むという幸運に恵まれて、各自が自然に触れ、楽しみました。

午後は「下駄づくり、果樹栽培、農作業体験」の活動を行いました。農作業体験の生徒は活動中に
「こんなにサツマイモ植えるのが大変なのに、スーパーでは安いなんて」と第一次産業の大変さを身に染みて学ぶことができていたようでした。
午後は天候が一部荒れた時間もあったことでホテルで温泉に入るのを楽しみにして、ホテルに戻りました。

------------------------
7月15日(木)

天候にも恵まれて、無事全ての行程を実施することができました。
熊野古道トレッキングでは歴史を感じ、自然と触れ合うことができました。
皆、充実した一日を過ごしました。

------------------------
<写真アルバム(パスワード有)>
https://www.owada-h.oiu.ed.jp/target/pta/news/index.php?c=topics2_view&pk=1626086935