7月22日に全国高等学校野球選手権大阪大会の2回戦、港高校との試合がありました。
 初回からチャンスを作るも打線が上手くつながらず、少しずつ点を取られ、1-4で5回裏を迎えました。先発した杉浦は粘り強い投球を見せてくれましたが、守備のミスも重なってさらに5点を奪われ、5回コールドで試合が終わりました。
 あの時打てていたら、あの時投げきれていれば、と後悔の残る場面もありましたが、最後まで諦めない選手全員に胸を打たれました。
 この大会で私たち3年生は引退しますが、この3年間で学んだことをこれからの人生に生かしていきたいと思います。そして1、2年生は来年、大和田野球部が目標としている「夏の大会3回戦突破」を達成できるように、これからも日々努力していってほしいです。
 最後になりましたが、暑い中応援してくださった皆様、ありがとうございました!
あの応援なしでは、きっとこんなに良い試合を作ることはできなかったと思います。
本当にありがとうございました