おおわだ日記をご覧の皆様、こんにちは!ソフトテニス部顧問の伊藤です。
 みなさん、11月19日は何の日だったかご存じでしょうか!月の大部分が地球の影に隠れる「ほぼ皆既月食」の日でした!この現象が全国で見られるのは140年ぶりということもあり、本校でも午後6時ごろのピーク時には校庭に生徒から教員まで集まり、感嘆の声が漏れていました。校庭でクラブをしていたソフトテニス部も照明を消して鑑賞しました。自然が時折見せる不思議な光景をみんなで共有するというとても良い時間だったと思います。
 次に同じような月食が見られるのは65年後だそうです。次回もお楽しみに。