今春高校を卒業し大学に進学した卒業生3名が,終礼で自分たちの高校生活や大学受験での失敗談,勉強法などについて話をしに来てくれました。
最初は緊張しているようでしたが,それぞれが熱を帯びて堂々と話す様子に頼もしく,うれしい気持ちになりました。
高校生活については,私の終礼が長かったこと(そんなつもりはないのですが…),掃除に厳しかったこと,困ったときに話を聞いてもらえたこと(これは本当に嬉しかった!)などこちらの耳の痛いこともありましたがそのまま話をしてくれました。
学習については,塾や予備校に行くのはいいがあくまで補助的に使い,主軸はあくまで学校での授業であり,それぞれの授業を「本当にそうなのか?」と批判的に聞くことで,自分の理解が促進されることや,毎日課題などの課題にコツコツ取り組むことの大切さ,朝学(毎朝の小テスト)に毎回満点を取ることにこだわってやることの大切さなど,生徒たちも納得しながら聞いていました。
中学2年生にとっては,大学入試はまだまだ先のように思えるかもしれませんが,あっという間にやってきます。今から,先見性を持って夢を具体的に描き日々の生活を充実させてもらいたいものです。