吹奏楽部は、2022年1月8日(土)鎌倉芸術館大ホールで行われた第7回全日本ブラスシンフォニーコンクール 全国大会に出場いたしました。

日本各地で行われる予定だった予選はコロナ感染症拡大の影響を受け、軒並中止に追い込まれ、私たちが出場予定だった大阪での予選会も中止を余儀なくされました。代わりに、動画予選会が催され、その予選を通過。本選へ臨むことになりました。

さて、今回の演奏は、先月横須賀で披露したステージとは違い、課題曲である「ムーンライトセレナーデ」を演奏。冒頭はボトルフルートで。そしてそこから吹奏楽へ移り、最後は今年度、時間をかけて作った舞台ミュージカル「アニー」を上演いたしました。

【1月7日(金)】
朝早くから集合して練習を行いました。前泊で臨むため、早々に練習を切り上げ、積み込みを開始。バスに揺られて一路、今年度二度目の神奈川県へ!
雪による交通規制が懸念されましたが、私たちが向かう直前、交通規制解除となり、スムーズに宿に到着いたしました。
宿泊場所は前回同様、レクトーレ葉山さんのお世話になります。今晩は食後にボトルフルートの練習および最終確認を行いました。

【1月8日(土)AM】
富士山の見えるカフェテリアで朝食を済ませ、今から宿のほど近くにある葉山福祉文化会館にて、練習をさせていただく予定です。部員の体調も良く、万全の体制で本番に向けて準備を進めようと思います。

【1月8日(土)16:00】
本番は大きな舞台、多くの客席の鎌倉芸術館大ホールで演奏いたしました。年明けに詰めていった練習も奏功し、演奏者なりの精一杯の演奏、そして演技ができました。あとは他団体を聴きながら、結果を待つばかりです。(会場での審査発表はなく、公式HPでの発表となります)会場まで足をお運びくださった皆様、ありがとうございました。

結果は奨励賞でした。今回の全国大会は次につながる大きな経験となりました。ここにいたるまでご支援、ご協力くださった皆様、ありがとうございました。

URLはこちら