こんにちは。吹奏楽部中学3年の中川です。
今年のソロコンは動画審査とステージ審査のどちらかを選ぶことが出来る、大阪狭山大会予選に僕を含む中学3年生が3人で出場しました。

僕は去年と同じ曲を選びエントリーしました。僕は去年、地区大会の代表に選ばれませんでしたので、そのリベンジを果たすために精一杯練習し録音に臨みました。その結果、金賞代表を頂くことが出来ました。去年の失敗を活かすことができたのではないかなと思っています。
 また、大阪狭山大会本選ではステージ審査で出場しました。ソロコンの実際の舞台も、1人で演奏することも初めてだったので上手く演奏できるか心配でしたが、顧問の先生にもレッスンをして頂いたり、色々な方から応援して頂きました。本番は少しミスをしてしまいましたが、楽しく演奏することができ、金賞、そして関西大会に出場する権利を獲得できました。正直、自分でも代表には選ばれないと思っていましたので、選ばれたのがわかった時はとても嬉しく驚きました。
 関西大会は、本選と同じくステージ審査で出場しました。関西大会では本選や予選よりもレベルの高い音楽表現が求められるので、音源を何回も聞いたり、打楽器の先生や顧問の先生にもレッスンをして頂きました。そこで、自分の演奏する曲の面白さを発見し、ますます演奏するのが楽しくなっていきました。しかし、本番前に聞こえてくる他の人の演奏が素晴らしく、不安や緊張、焦りが増して行きました。本番でそれが演奏に出てしまいミスがとても多くなってしまいました。結果は銀賞でした。残念ながら全国大会へは、行くことが出来ませんでした。
 これらの経験を活かして、高校ソロコンテストでは全国大会に出場できるよう一生懸命頑張りたいと思います。そして、今回ソロコンを応援してくださった方々、先生方、マリンバを運ぶのに手伝ってくれた方々や両親には感謝しかありません。本当にありがとうございました。
 
【最終結果】
中川類 :マリンバ/関西大会銀賞受賞
三宅穂香:ユーフォニアム/大阪府大会金賞受賞
長井美優:アルトサックス/地区大会銀賞受賞