ココロの奉仕

ココロの奉仕とは

中学3年次に、“人の役に立つ経験”をテーマに職業体験活動を行い、3日間にわたり、幼稚園・保育園・介護施設などで社会実習を行います。学内の授業や講義がインプットであるのに対し、この活動はまさにアウトプット。人とのふれあいを通して学校生活で培った力にさらに磨きをかけます。

  • POINT1
    社会を経験する

    仕事内容を学ぶところから履歴書の作成まで、実際に働くときと同じ手順を体験。社会で活躍するための力をつけます。

  • POINT2
    仕事を体験する

    子育てや介護を通して、人のために働くことの難しさやあたたかみを感じます。学校生活とは一味違う経験になります。

  • POINT3
    振り返り、習得する

    振り返りを兼ねて、体験した内容をまとめてプレゼンテーション。人の前に立ち発表する力を育てます。

ココロの奉仕の流れ

「人の役に立つこと」について学ぶ
STEP1
「人の役に立つこと」について学ぶ

実習先の幼稚園や老人介護施設について調べ、職員の方のお話を伺って理解を深める事前オリエンテーションを実施します。実習に備えて「こんな場合はどうする?」というケーススタディも。また、実際に社会に出て働くときと同様に一人ひとり履歴書を作成。教員による丁寧な添削を受けながら「社会に出る」意識を高めます。完成した履歴書は、あいさつを兼ねて実習先へ訪問し提出。施設を下見し、事前のご指導をいただきます。

現地で実際に体験する
STEP2
現地で実際に体験する

事前準備で培った力を活かし全力で仕事にチャレンジ。働くことの難しさ、人のために活動する喜びを体感します。実習中は、毎日実習ノートに反省や感想を記録し、各実習先でフィードバックをいただきます。初日は不慣れや緊張でできなかった業務も、3日間の実習経験から学び、園児や施設利用者と心を通わせることで遂行できるように。成長を実感しながらステップアップをめざします。

体験を振り返る
STEP3
体験を振り返る

実習終了後、活動の総括として学んだ内容をまとめたレポートを作成します。自身で振り返りレポートとしてまとめることで、現地での経験を改めて整理できます。学んだことを確実に習得し、次の活動に活かすことでさらなる心の成長につなげていきます。

Student Voice

文理コース 森田 麻里菜

体験先ファースト保育園

ココロの奉仕の体験を通して学んだのは、自分で考えて行動に移すことの大切さです。保育園の小さい園児たちと接することは想像以上に難しく、うまくいかないこともありました。しかしそのなかで、保育士さんの動きを観察し、いただいたアドバイスをもとに自分なりに考え工夫することで、納得いくよう動けたと思います。自分の行動に対して子どもたちは、ダイレクトに反応を返してくれるのでやりがいがありました。普段の学校の勉強だけでは得られない貴重な体験となりました。